もしも注文していない商品を受け取っても、商品を開封せずに置いておきましょう。

MENU

送りつけ金融とは

送り付け金融とは

別名「送りつけ商法」とか「ネガティブ・オプション」とも言います。
どのような手口かというと、注文していない商品が急に送られてきて、代金引換か箱の中に代金請求書が入っている、という方法です。

 

たとえ送られてきた商品に身に覚えが無くても代金引換になっている為、運んできた宅配業者を待たせることに気が引けて代金を支払ってしまったり、中に入っている請求書で代金を支払ってしまう被害者が多く存在しています。

 

心当たりの無い荷物が届いてしまった場合、どのように対応するのがよいのでしょうか?

 

 

代金を受け取らないのがベスト

一番良い方法は「受け取り拒否」をし、商品を受け取らない事です。
そもそも身に覚えの無い商品が送られてきているわけですから、受け取らなければならない義務はありません。
そのまま宅配業者に「受け取りをしない」という旨を伝え、持ち帰って貰うのがよいでしょう。

 

もしも受け取ってしまった場合、商品を開封せずにそのまま置いておきましょう。

 

開封してはだめ!

開封さえしなければ、商品の所有権は受け取ったほうではなく、送りつけてきた業者側になります。
商品を受け取った日から14日間経過しても商品を送りつけてきた業者が引き取りに来なければ、受け取った側は代金を支払わずに商品を処分してよいことになっています。
この14日間に送り主に連絡をする必要はありません。

 

送り主に連絡をした場合、商品の保管期間が7日に短縮されますが、下手に連絡をしてしまうと余計に話がこじれてしまう恐れがあります。

 

万が一商品を開封してしまった場合、商品を買い取る事を「承認した」という事になりますので、代金を支払わなければならなくなりますので注意が必要です。
困ったときは国民生活センターや警察などに相談するとよいでしょう。