闇金(ヤミ金)から借金した場合どう対処する?!

MENU

闇金から借金をしてしまった時の対処法

基本的に、闇金は違法な業者なので借金を返済する必要はありません

 

民法には、違法な金利で貸し出しをした業者には、返済を要求する権利がないと定められています。闇金とは、金融業者を装って、貸し出しをし、無謀に多額な利息を搾り取ることを目的とした詐欺なのです。

 

借入れをする際に、勤務先や親せきの電話番号や住所を記入するように要求され、書き込んでしまった場合には、家族や親せきに連絡を取り、催促されても返済しないように伝えておく必要があります。

 

そもそも、貸し出しの際に親戚の連絡先を聞き出すことも違法な行為なのです。

 

取り立ての時間や取り立ての方法は、法律で規制されており、借り入れた本人以外に対して、借金の取り立てをすることは、貸金業規制法で禁じられています。

 

もちろん、早朝、深夜に取り立てをすることや、勤務先に押しかけるも禁じられています。
とはいえ、相手は闇金なので、着払いで注文した覚えのない通販商品が届く、いきなり大量の出前が配達される、挙句の果てに救急車や消防車を要請するなどの嫌がらせをしてきますが、それに負けて支払いをしないで済むように、嫌がらせや取り立てが執拗な場合には、警察、法律の専門家に相談しましょう。

>>闇金の事は誰に相談するべき?

 

 

闇金は、法律の隙間を縫って、違法行為をして利益をあげる為のありとあらゆる手口を知っています。素人にかなう相手ではありません。
闇金で借金をした瞬間から、膨大な債務が、どんどん増え続けるのです。

 

闇金業者は、様々なリストを持っており、ダイレクトメールを送りつけてきたり、お金に困った人が引き寄せられるような広告を新聞やインターネットに掲載したりして罠を張っています。
罠にかかった人には、巧妙な手口で高額な利息の貸出しをします。

 

一刻も早く、法律の専門家に相談し闇金との間に立ってもらうこと、それ以外に解決の方法はないのです。