ヤミ金融と消費者金融のしくみの違いとは

MENU

ヤミ金融と消費者金融の違い

消費者金融というのは、法律の範囲内で貸金業をしている金融業者のことです。
サラ金と言われている業者も消費者金融の業者です。
消費者金融会社の中には、大手銀行と提携している消費者金融会社もあります。

 

例えば、アコムは三菱東京ファイナンシャルグループと資本提携していますし、モビットは、三菱東京UFJ銀行系とプロミスが共同出資して設立された子会社です。
銀行と提携している消費者金融には、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、りそなプレミアムカードローン、プロミス、アコム、三菱UFJ銀行カードローンなど、数多くのカードローンの金融会社があります。

 

銀行系カードローンの特徴は

  • 低金利であるということ
  • バックボーンが有名銀行なので銀行で直接ローンをするよりは高い利息がつきますが、安心して利用できるということ

です。

 

但し、ローンを組むためには身分を証明できる運転免許証や保険証、パスポートなどの証明書や所得を証明する所得証明書が必要です。

 

 

ヤミ金融というのは、消費者金融とは違い、違法な金利で貸金業をする金融業者のことです。

 

消費者金融は、確実に返済能力がある人に貸し出しをして、利息を得ることで儲けを出しますが、闇金は、返済能力のない人にでも貸し出しをします。

 

その為、身分証明がない人、消費者金融の審理に通らなかった人にも貸し出しをし、貸出した相手を金融詐欺にかけるのです。

 

闇金は、ひとたび借り入れをしてしまうと、返済できないような借金が雪だるま式に増えていくような仕組みになっていますので、非常に危険です。
闇金業者は、金融庁(財務局)に正式なイン有業者として登録されていませんので、聞いたことの無い会社名であれば、借り入れの申し込みをする前に、必ず登録情報を確認しましょう。

登録貸金業者情報検索ページ http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

 

 

※ヤミ金ではなくても借金にはリスクがあります