多重債務者になった過程を紐解いてみましょう

MENU

多重債務者になるまでの過程…2

ショッピングカードについているキャッシングの限度枠は超えてしまい、キャッシングカードも返済が滞っている為、新たな借り入れができないという状態であるにもかかわらず、借入金の返済は期日までにしなくてはならない。

 

しかも、カードで身についてしまった浪費癖や見栄を張る癖は治せない、友人の結婚式に招かれ、どうしてもお金が必要…などという条件がそろってしまっている時には、他店で断られた方にもご融資します!早実融資可能!というようなうたい文句に、引き寄せられてしまうものです。

 

 

こうなった時、人の思考回路は、通常の判断力を失っていることが多く、通常であれば決して手を出さないヤミ金業者から借金をしてしまうのです。

 

ヤミ金業者は、借入金を債務者が返済できないことを知っているにもかかわらず融資します
なぜなら、ヤミ金業者は違法な利率で計算した利息を、利用者から搾り取る為の様々な手口を知っているからなのです。

>>闇金の手口とは?

 

もちろん利息は、非常に短い期間で、借入金より多額になります。
返済できないと、仲間内の別の金融業者から借り入れをして返済するように要求してくるので、借入金と利息はますます増え、自分がいくら借りて今どのくらいの負債があるのかということもわからなくなってしまいます。

 

このような状態からに抜け出すためには、一刻も早く法律の専門家に相談をする以外に手はありません。

 

そして、債務者と交渉し、借金を整理する任意整理、又は、家庭裁判所に申し立てをし、調停で借金を解決する特定調停、民事再生、自己破産などの債務整理の方法をとる必要があります。

 

個人の力で解決することは不可能です。
また、家族や友人に相談して解決できることでもありません。
都や県など、地方公共団体の消費者被害救済委員会や消費者相談室、弁護士などに相談し、解決の方法を探すことをお勧めします。