質屋は109.5%の高金利で営業が出来るので、質屋を装う偽装質屋が増えています。

MENU

偽装質屋とは

質屋とは

持ち込まれた品物に相応する金額を借り入れる事が出来、借り入れ期限が過ぎてしまえば品物が質流れになる代わりに返済もしなくてよくなる、といったシステムのものです。

 

偽装質屋とは100円ショップで購入した品物など価値の低い品物を適当に持ってこさせて、品物の価値に相応しないような高額な金額を貸し付ける悪徳な質屋の事をいいます。
もちろん質流れになって返済をしなくても良い、という事はありません。

 

なぜこのような偽装質屋が現れたのでしょうか?

1つは一般的にお金を貸す貸金業者であれば、「出資法」という法律で上限金利が年20%と定められているのですが、「質屋」という店舗であれば、109.5%という高金利で営業が出来るのです。

 

これほど高金利になっているのには理由があり、

  • 年利の中に品物の鑑定料
  • 質に入れた品物を金庫などで保管する為の保管料
  • 質流れになったときのためにその品物を売却する為の費用
  • 質に入れられたものが万が一盗品だったときに警察などに押収された時のリスク費用

などが考えられているのです。

 

もともと返済しなくてもよい金融業者になるので、一般的な貸金業者とはシステムが大きく異なってきます。
偽装質屋は「必ず返済すること」が前提になります。
なにしろ質に入れたものは質流れしても価値が無いので、元が取れなくなります。

 

偽装質屋のターゲットは年金受給者や生活保護などの経済的に困窮している人たちがターゲットになります。
質の契約をするときに「返済は口座からの引き落とし」にします。
こうする事で必ずお金を集金する事が出来ます。

 

また、返済する事でまた質に入れに来るわけですから、借りていく金額はかさみ、ずっとお金を返済し続けさせる事が出来るわけです。
もしも自分や周りの人が偽装質屋に引っかかってしまったら、司法書士や弁護士などに早急に相談するようにしましょう。